人気ブログランキング |

メダカを飼育するまでの色々な魚の飼育歴を勝手に語る。



 とにかく小学生の頃は川や池の水面を覗き込むのが好きでした。
 
 小学校高学年の頃、友達の家に遊びにっ行った時に熱帯魚を飼っており、見入ってしまい、
 あまりの綺麗さに心から離れず、母親に強請り60cm水槽で何かしらを飼育し始めたのが、
 切っ掛けでした。(ネオンテトラとブルーグラミーを買ったことだけは覚えています。他の魚は失念)

 あの頃は、サーモもヒーターも無骨で大きく、温度の設定手順がシビアで、間違って水槽ごと
 茹でた事が数回ありました。

 そして、社会にデビューしてからは、一時期こりに懲りました。
 大型魚では、アストロ、シルバーアロワナ等、小型では、ドワーフシクリッド系中心。

 結婚してからは、ADAが世に出始めた頃、水草水槽に懲り、同時に改良エンゼルフィッシュの
 ブリーディングに精を出していました。
 ADAの天野氏は若かりし日に炭酸水を大量に買ってきて、水草水槽にドボドボ入れたという逸
 話があるようですが、その頃の熱い思いが、現在のハイクオリティブランドへと成長されたんで
 しょうね。
 あの方の撮る水景写真は本当にセンス良く綺麗ですね。
 それにしても、ADAのパレングラスの美しさ、ボンベを繋いで2酸化炭素が細かく放出されたのを
 自分の水槽で見たときには感動ものでした。(その当時は今よりもっと高価なものでした。)

 そして、いつの日か何かのきっかけで、すべてを放棄してしまいました。


 メダカの世界に魅せられたのはそれから随分月日が流れてからです。
 
 暇つぶしに、近所の熱帯魚屋さんにプラっとなんの目的もなく立ち寄ったときに、岡山産のワイルド
 メダカを見つけ、庭先で飼って見るかというショートな思いでスタートし、現在に至ってます。

 大分端折りましたが、以上です。

  
 これで終わり?何じゃこれ!?・・・とならないように写真でも置いていきます。 笑

 メダカブームに一役かった幹之にしておきます。
 出始めの頃は交配すると兄弟に斑メダカが沢山出てきて悩まされたメダカでもあります。笑

 幹之は白が好みでございます。

d0259570_2056959.jpg
 

 四国の菅さんが発見し、メダカの館が世に知らしめたメダカですね。
 あのデビューした頃に比べ素晴らしく進化しましたね!

 しばらくして、ラデンコウという形質の似たメダカが登場し、喧々諤々ありましたが、
 今は違う道のりで改良され、それぞれの道を進んでいるようですね。



 次回予告 お宅どちらさま?ってな透明鱗メダカ色々 


それでは、また。

押せば成る 押さねば成らぬ 何事も。
押せば命の泉湧く~
    
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

 


   
 
 

 

by oosaka-abc | 2012-07-04 21:27