なんだかな~と昨年はねたメダカだけれど。

 Sサイズで、多分大した事にはならないだろうと、昨年の秋も終わりの頃にはねたメダカが、
                            やっとこMs寸まで育ったところで選別し、少しだけ格上げしときました。


 選別中。
d0259570_23411949.jpg

d0259570_2342852.jpg




 格上げした赤系の錦めだかのペアです。

d0259570_23401651.jpg


 飼育容器の中での姿は、黒が目立ってとても魅力的ですが、撮影容器で写真を撮るとやはり黒が飛びます。 
 しかし、赤がまだまだ濃くなりそうなメダカです。




 格上げした琥珀透明鱗セルフィン(サムライ)ひかりメダカ

d0259570_23432434.jpg





 格上げした白ぬけが良い2色透明鱗ひかりメダカ(色はチト薄いけど)

d0259570_23233868.jpg


 

 
 格上げできませんが、その他に入ってもらい見守った中、頑張ってくれているメダカ。


d0259570_23441520.jpg
 
 稚魚を上見してて、うん? アレッ! ・・・ 隻眼だったメダカ。
                                ・・・・・大きくなるんかな。。

 こんなに綺麗に育ってくれました。
 赤系の錦(斑)ひかりメダカになりました。
                  なんか愛おしいです。



  次回予告   3色透明鱗 (体型 普通種) 早くスカッとさせたい。。

それでは、また。


押せば成る 押さねば成らぬ 何事も。    
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

# by oosaka-abc | 2012-06-25 23:58

1日2回の更新をしてみる。

 気が向いたので、本日2回目の更新です。



 琥珀。。 改良和メダカの飼育のスタートは、琥珀普通種でした。

 当ブログの右上に貼り付けてある写真が、大事に育てていた当時の琥珀メダカたちです。
 とうとう手乗りにまで馴れてくれてました。笑
 
 そして、初めて異種交配をしたのが、琥珀普通種と楊貴妃ひかりメダカ。
 理由は、琥珀ヒカリメダカを作りたかった。
 その当時でも買えば売っている種ですが、自身で挑戦しました。
 そして、挑戦した琥珀ひかりメダカ最終型が、当ブログのプロフィールのところに貼り付けてある写真のメダカたちでした。
 
 琥珀のスタンダード種は、古いメダカなどと言われていることもあるようですが、私自身は、今も思い入れが強く残ってます。
 しかし、今では透明鱗系が中心で、スタンダードタイプは隅に追いやっているのも事実です。
 今年は少しスタンダードとも向き合ってみるつもりです。


 ヒョコッと昨年生まれてくれていた琥珀だるまメダカです。
 辛い冬を乗り越えてくれてました。 まだ小さく(MSサイズ)少し成長が遅いようです。
d0259570_20115233.jpg

 自分のところで生まれてきた琥珀だるまを見るのは久しぶりです。

 今では、生まれてくる琥珀系のダルマや半ダルマは下のようなものが多くなってしまいました。
 やはり透明鱗系になってしまいますね。笑

d0259570_20375824.jpg

d0259570_20371417.jpg

d0259570_20532979.jpg



だるまメダカはどの種も狙って出すのはとても難しいですね。

たまたま遺伝子を持っていてくれて、たまたま生まれてきてくれたというのが、本音でしょうかね。笑


 次回予告  なんだかな~と昨年はねたメダカだけれど。。



それでは、また。




押せば成る 押さねば成らぬ 何事も。    
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村







 

 
 
[PR]

# by oosaka-abc | 2012-06-24 20:51

増えすぎた白とキリンレモン。



  もう訳が解らんようになった白系のメダカを各容器から春先に拾い集めた。。

  昨年の交配した稚魚のプラ容器がずっこけて、卵や他の稚魚と混ざり嫌気がさして、
  ごちゃ混ぜで育てた結果。。


 これ。

 
d0259570_12124486.jpg



 掬い集めてゆっくり観察してみた。

 記憶をたどり。。  白幹之スーパー×白ひかりメダカ(白幹之ひかり体型をねらうも頓挫)
             白透明鱗ひかりメダカ同士
             白ひかりメダカ同士

             こんなもんで交配したはず。

 ふむふむと親を想像できるような白めだかもおりました。
 ひかり体型透明鱗少々、白めだか普通種及びひかり体型で黄色素強し、幹之の鰭光ぽっいやつが、少々、
 まんま白めだか沢山。

 系統だては当然無理なので楽しむことにした。


 そこで、第一印象で決めましたメダカが、キリンレモン。(なぜかそんなイメージが湧いた)

 これこれ。 

d0259570_12253965.jpg

d0259570_1231034.jpg



キリンレモンは、ひかり体型3本、普通種2本を確認。

綺麗から増やしたろかとも思うが。。






 次回予告   1日2回の更新をしてみる。



それでは、また。


押せば成る 押さねば成らぬ 何事も。    
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

# by oosaka-abc | 2012-06-24 12:39

琥珀透明鱗ひかりメダカ ペア

 
 おおかた色は揚がりきっています。

 
 特に強烈なペア
 オスは楊貴妃の赤とは違う深みがあります。
 両方とも頬の透けなしタイプです。

 
d0259570_1839492.jpg
d0259570_18395927.jpg




こちらは尾びれの色揚がりが強いタイプ。

d0259570_18411023.jpg
d0259570_1841214.jpg




琥珀らしい色揚がりの表現を見せるペア。

d0259570_19114961.jpg
d0259570_1912883.jpg



特にこれらのペアで交配をしているわけではなく、似たもの同士でペアにしてみました。



 次回予告  増えすぎた白とキリンレモン。


それでは、また。



 おっと・・・・オマケだ!  初心者向け 飼育うんちく Ⅰ
d0259570_1924886.jpg


上の写真はベアタンク飼育(水槽に水だけで飼育している状態)水槽を大掃除した直後の写真です。
底面と炭に少しコケをわざと残してあります。
メダカに食べさせてあげるためです。

このベアタンクの利点は掃除がしやすい。(網で糞や残餌、産み捨てた卵などを取り除けます。)
特に、いつもメダカをキレイな水の状態で横見したい方にはお勧めです。
しかし、生物ろ過(簡単に言えば、底面に砂などを敷き、とある細菌を住まわせて水を綺麗にする手助けをしてもらい、
水換えの頻度を減らす事)を期待できないので頻繁な水換えが必要です。
この水槽においては毎日半分の水を交換しています。
外に置いているので、水換えを怠ると直ぐにグリーンウォーターになります。
労をいとわないのは、綺麗な水でメダカを見てニタニタしたいからです。 笑                                                                                以上




押せば成る押さねば成らぬ何事も。    
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

# by oosaka-abc | 2012-06-23 19:16

楊貴妃 ひかりメダカ オス 色々。

 オモシロイところと赤いのを選んで。

 
 尾びれ普通種  色はソコソコ、オモシロイだけ。。

d0259570_190162.jpg



スタイルが、シュッとして好し。

d0259570_191027.jpg

d0259570_1911691.jpg



思いっきり下セルフィン。 とても好し。

d0259570_1914857.jpg
d0259570_192093.jpg
d0259570_192926.jpg



他とは違う赤み。 尾びれがもう少し大きかったら。。

d0259570_193817.jpg

























前に投稿したスーパーレッドテールと下セルフィンの尾びれの色比較。

d0259570_19285797.jpg



以上 色々でした。。




 次回   琥珀透明鱗ひかりメダカのペア  



それでは、また。



押せば成る押さねば成らぬ何事も。    
 
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

# by oosaka-abc | 2012-06-22 19:37