取りあえず小川ブラック透明鱗現れました。


今年の黄幹之ひかりに続いての交配結果です。

小川ブラック×(小川ブラック×琥珀パンダ F1)から出た小川ブラック透明鱗。
黄色みの強い子は全て除きました。
選別して残した両ほほ透けで黒みの強い次世代の親候補です。(Ms寸)

d0259570_2111771.jpg


この子たちを戻しで小川ブラックと交配、並行して兄妹メダカ同士での交配を来期に予定してます。
より黒い透明鱗を目指してFを重ねて行くつもりです。


それでは、また。

ブログランキングに参加中! 

にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2013-07-16 21:18

黄幹之ひかりメダカ。

HPのPCが潰れたと同時に仕事が繁忙になり、ブログも途絶えていました。
現在はアップルのデスクトップを弄くっておりますが、これがなかなかに強者で。。
そんなこんなでMacデビュー投稿してます。笑

ずうーーーとっ、早朝のメダカ餌やりと水足し程度の世話しかできずでしたが、
             この二日間の連休でメダカ飼育の環境改善を一気にやりとげました。笑

既に色んな交配は終えており、出終え得た結果に一喜一憂しています。

以下の写真は昨年の異種交配で生まれたF1の黄幹之普通種から出たF2のひかり体型になります。
思惑通りにひかり体型が全体の数%出てくれました。
                                                                              (親の写真は投稿記事を遡って見てね。。笑)

d0259570_15483089.jpg


d0259570_15493096.jpg


d0259570_1549448.jpg


まだS寸越えですから今後の鰭光や体色の変化に期待するところです。

さて、この春のメダカ協会の春期品評会で一席を獲得した小川ブラックのその後ですが、
生まれて1年2ヶ月が過ぎました。
一連の兄妹含めて、目を見張る程の黒さに変化しています。

飼育水槽の写真です。
d0259570_16191026.jpg


d0259570_16194928.jpg

特にメスは腹回りの色乗りが悪かったのですが、成長するにつれて黒みが増して真っ黒に。。
これらの第一陣の子たちはM寸手前の大きさで、親が辿った成長変化のように白抜けが始まった子たちも出てきました。
現在は100以上の子供を育成中。。
全部真っ黒になったらどうしましょうか? 笑


それでは、また。

ブログランキングに参加中! 

にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2013-07-15 16:25