当面ブログお休みです。。


 忙しすぎて余裕がなくなりました。。
 年内のブログはお休みします。


 みなさん 時節柄ご自愛ください。


    元旦にお会いしましょう!


d0259570_1949344.jpg




  
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-16 19:51

このメスの表現で固定したいと思う。




琥珀系 透明鱗ひかりメダカ メス

画像の一番下のメスの表現が気に入っております。
表現の固定を目指し交配を進めて行きたいと思っております。

この系統のオスは、
   イマイチ中途半端な表現しかおらず、
              選定に苦慮しそうです。。



d0259570_065031.jpg



see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-16 00:16

続メダカの気持ちで一言。


d0259570_2233417.jpg



「私らの営みに過度な期待をするべからず!スイスィ~とっ。」

いやいやいや。。。 スイスィ~と・・・って、そないに泳げてないがな。。

・・・てか、営みに期待って、メスでっしゃろな~? 下の相方は。。 ・・・頼むでホンマに。。。


see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-14 23:04

メダカの気持ちで一言



d0259570_18353319.jpg



「も~ すくうなや。。 春までほっといてくれっちゅうねん!」

 どうもすいません。。

 see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-13 18:42

楊貴妃斑ひかりメダカの父母。

楊貴妃斑ひかりメダカ 2011年7月の動画




下は昨年生まれで冬越しさせた子達(F4)になります。(以前にも動画投稿しております。)
F4で赤みが強く出てきました。
ちょっと複雑な交配(琥珀の血も入ってます。)からスタートしてますが、F4でまず固定は出来たと思います。






今年のF5も冬越し温存中。。

来季は一部を琥珀と戻してさらなる赤みを目指します。

see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-11 22:34

今年アルビノを育てた隔離容器

隔離と言えばあまり響きが宜しくありませんが、手こずりながらも細分化してアルビノ(アルビノ楊貴妃ひかりメダカ、アルビノ楊貴妃透明鱗ひかりメダカ)を育てた容器です。

その詳細は、私のエエ声付動画でどうぞ!笑





私なりのアルビノの育て方でした。

・・・・質問や、批判等は甘んじてコメント欄でお受けします。。笑

see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-10 13:51

黄金斑ひかりメダカの祖父母

2011年に撮った動画を引っ張り出してきた。
現在飼育している黄金斑ひかりメダカの祖父母にあたる。
元はといえば異種交配して出たもの。



当時は動画のオスをタイガースメダカなどとニックネームを付けて楽しんでいた。

こちらが現在の子孫
d0259570_0285066.jpg


これらの父母は里子に出した。
系統を続けることで画像の子達は黄金斑ひかりメダカとしてほぼ固定出来たと思う。

see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-08 00:37

赤いメスと2色のメスで。・・・の動画


11月に画像で投稿済みのメダカですが、動画もとっていたのでアップしておきました。



赤いメスと2色のメスは親戚筋です。
背筋に少し難が出てますが、この程度のウエーブはご愛嬌という事で。。笑


see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-06 23:10

琥珀パンダで。



冬ですね。。

メダカ飼育も手間かかることなくだんだんと寂しくなってきております。


記録画像をネタに投稿。

琥珀パンダ オス
d0259570_1835537.jpg



メス
d0259570_1836304.jpg



子達・・ Ms、M寸
d0259570_18372162.jpg


お母ちゃん似でお父ちゃん似はおらん。
黒みが強すぎるやないかい!
成長すればもう少し赤みが出ると思うけど
              今のところは残念な感じやな~。。。笑

see you next time !

ブログランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-04 18:54

塩浴(塩水浴)するということ。

さて、前々回に「塩浴せず。」のタイトル投稿で浸透圧に少し触れたままでした。
今回は塩水浴すれば、浸透圧を利用してメダカの体内外にどのような変化、あるいは効果が起きているのかを考えてみたいと思います。

水中でメダカの体表は水に接しています。(当たり前の話ですが。)
メダカの体表の内側と外側の塩分濃度が違うと水分は塩分の薄い方から濃い方に移動します。
これが水の持つ特徴でもある浸透圧の説明になります。
メダカの細胞の塩分濃度は約0.9%程度と言われています。
ということは浸透圧の原理からメダカは常に体表から水分を体内に取り込むことになり大量のオシッコをして体内の水分を調整していることになります。
塩分濃度0.2%程度の塩水浴をさせることで水カビ病などを殺菌(同じく浸透圧を利用してメダカについたカビ菌や細菌から水分を奪って殺菌する)し、塩分の濃度差で常にメダカが水分を取り込む量を減らすことにより一時的に体力を温存させる効果も若干期待できるわけです。
殆どの魚病薬にも塩は含まれているように、塩はある意味での万能薬かもしれないですね。

浸透圧については身近な事例で言うと梅干などを樽に漬けたりするのに大量の塩を使いますが、数日経つと水が上がってきますよね。
あれも浸透圧のなせる技でその後も塩分による殺菌効果も残るわけですね。
浸透圧なんて知るわけもない時代から経験で理解し、続けてきた昔の人の知恵は素晴らしいですね。
メダカ飼育していると色んな事が繋がってきてある意味奥が深いですな~ 笑


投稿内容とは関係ありませんが、画像がないのも寂しいので。。
画像はラメ幹之 
(背に黒色素胞が強いタイプ 尾鰭に黄色素胞も少し。。)
d0259570_23521640.jpg

see you next time !
[PR]

by oosaka-abc | 2012-12-02 00:02